プリンターが壊れなくても、使えなくなるという現実。

エプソンのプリンターを使い続けて10年が経ちました。インクカートリッジも何回交換したかわからないぐらいです。

かなり酷使していましたが、今のところプリンター本体は問題なく動いてくれています。

ただ、問題はインクカートリッジです。型番が古くなったせいか、近頃はお取り扱いされているショップが、かなり減ってしまいました。

家電量販店では、まだお取り扱いされていますが、近くのホームセンターでは、見かけなくなり、ネットショップでも、「最新の情報が表示できません」「在庫なし」といった言葉が並んでいます。

以前は、広告の品として、定価より1000円程お安く購入できることが当たり前でしたし、商品がなくなるなんて考えたこともありませんでしたので、寂しい気持ちと少しの焦りを感じています。

これからは、先の事を考え、買いだめをしておく必要があるかも知れません。

とはいえ、使用期限もありますし、少しでもお安くなるようにと、まとめ買いをしていますが、元々が安い物ではありませんので、そう何個も買えるはずがなく、かなり厳しい状況です。

プリンターには愛着がありますし、本体を買い替える予定はありません。また、純正インク以外を使用することも考えられません。

ですので、この型番のインクカートリッジが、この先もずっと販売され続けることを願っています。